ビークレンズは栄養成分がすごかった

ビークレンズ栄養成分に関して調べてみるとそのすごさに驚かされました。

 

ビークレンズは栄養機能食品です。

 

その成分の内容は

 

■成分表示:難消化性デキストリン、エリスリトール、黒胡椒エキス末、発酵紅茶エキス末、殺菌乳酸菌末、植物発酵エキス末、ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、豚プラセンタエキス末、ブラックジンジャーエキス末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素、酸味料、酸化マグネシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンE、ベタイン、ヒアルロン酸、シクロデキストリン、葉酸、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含む)

 

公式サイトでも説明があるように、赤字で示した「発酵紅茶エキス末」というのが、KOMBUCHAの証です。

 

この中から他にもどのような成分が配合されているのか説明します。

ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、竹炭
ビークレンズの強みであるKOMBCHAと炭。
高温で焼き上げた活性炭が持つ1ナノメートル以下の小さな多数の穴は、体内で脂などの老廃物を強力に吸着し、体外へ排出する作用があるといいます。
ちなみに、炭は食しても体内へ吸収されません。薬物中毒者の治療や整腸剤など、活性炭は医療の分野ですでに活躍中です。
ヤシガラ活性炭は通常の炭と比べ5〜10倍の吸着作用があり、赤松炭はポリフェノールが豊富。竹炭には体内フローラを整える働きがあります。

L-カルニチンフマル酸塩
L-カルニチンはリジンとアミノ酸から人の肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチド といわれる栄養素。 また、体内で脂肪の代謝に関与する成分として知られています。

ヒハツエキス末
ヒハツは、東南アジアに分布するコショウ科のツル性の植物で、別名ナガコショウやロングペッパーと呼ばれ、乾燥物は香辛料として利用されています。 ヒハツの辛味成分は、同属であるコショウにも含まれる「ピペリン」です。 ピペリンは、めぐりをサポートし、ぽかぽか健康生活をアシストしてくれます。

ギムネマシルベスタエキス末
ギムネマシルベスタはインドから中国南部、東南アジアといった広い範囲に自生しているガガイモ科の蔓性の植物です。 この葉より抽出されるトリテルペン系サポニンであるギムネマ酸には腸管における糖吸収抑制作用があることが知られており、古くから糖尿病の治療に用いられてきました。

ビークレンズ栄養成分【まとめ】

口コミまとめ

主要な成分のみ説明しましたが、要約すると、

  • 活性炭=脂など老廃物を吸着
  • L-カルニチンフマル酸塩=脂肪の代謝に関与
  • ヒハツエキス=辛味成分がめぐりをサポート
  • ギムネマシルベスタ=腸管における糖吸収抑制作用

 

というように、ダイエットの大敵である脂肪のコントロールとお通じが良くなるような成分が配合されているということが分かると思います。

 

↓チャコール(炭)が不要物をグイグイ吸着する動画は必見。

墨が吸着

 

↓公式サイトで他の成分も確認する

>>ビークレンズ公式サイトで成分を確認する<<